6125 岡本工作機械製作所 東証2 13:47
142円
前日比
-2 (-1.39%)
比較される銘柄: 東芝機THK旭精機
業績: 今期予想
機械
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.7 0.76 2.11 493

銘柄ニュース

戻る
2016年09月01日12時38分

<動意株・1日>(前引け)=田中化研、フルヤ金属、岡本工機

 田中化学研究所<4080>=ストップ高カイ気配。8月31日に同社の筆頭株主である住友化学<4005>を割当先とする1050万株の第三者割当増資を実施することが発表されたことから、これがポジティブサプライズとなり投機資金がなだれ込んだ。発行価格は626円で払込日は10月末。調達資金は65億7300万円で、リチウムイオン電池向け製品の設備投資資金に充当する予定。出資比率は50%強となる。住友化学は電気自動車(EV)用リチウムイオン電池部材に注力、田中化学に出資して正極材の共同開発を進めてきたが、過半の株式を取得し子会社化することで同分野の研究開発力を強化する狙いがある。

 フルヤ金属<7826>=続急騰。きょう付の日経産業新聞で「次世代半導体の材料として有望な貴金属、イリジウムとルテニウムの粉末を高純度で量産する技術を確立した」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。記事によると、鉱山会社から購入した地金や、スクラップ材を使い、独自の技術で不純物を除去して粉末状にすることに成功したという。イリジウムの純度は99.995%、ルテニウムは99.999%の高純度に達するとしており、さらに粉末を使って次世代半導体の薄膜形成に使われるターゲット材や有機EL向け化合物などの製造も始めたとあることから、業績への貢献が期待されている。

 岡本工作機械製作所<6125>=一時ストップ高。8月31日の取引終了後、科学技術振興機構の「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)」に、同社の事業テーマ「Si貫通電極ウェーハ全自動薄化加工装置」が採択されたと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)」は、大学や公的研究機関などで生まれた国民経済上重要な科学技術に関する研究成果をもとに、実用化を目指す研究開発フェーズを対象とした技術移転支援プログラム。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均