6040 日本スキー場開発 東証M 15:00
1,920円
前日比
+44 (+2.35%)
比較される銘柄: HIS日本ビューホアゴーラHG
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.6 3.59

銘柄ニュース

戻る
2016年09月05日09時07分

日本駐車場が買い気配、今期経常は43%増で最高益・0.25円増配へ、自社株買い実施

 2日、日本駐車場開発 <2353> が決算を発表。16年7月期の連結経常利益は前の期比25.6%減の22.4億円に落ち込んだものの、続く17年7月期は前期比42.9%増の32億円に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料。

 今期は前期に記録的な暖冬やスキーバス事故の影響で低迷した、日本スキー場開発 <6040> [東証M]が運営するスキー場事業の回復を見込む。主力の国内駐車場運営事業の収益拡大も大幅増益に貢献する。業績回復に伴い、今期の年間配当は前期比0.25円増の3.75円に増配する方針とした。

 同時に、発行済み株式数(自社株を除く)の0.44%にあたる150万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施すると発表。株主還元の拡充を好感する買いも向かった。なお、日本スキー場開発も買い気配スタートとなっている。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均