5998 アドバネクス 東証1 15:00
1,680円
前日比
+62 (+3.83%)
比較される銘柄: 東プレブラインド中発条
業績: 今期予想
金属製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.2 1.26 1.79 1.00

銘柄ニュース

戻る
2015年11月09日13時41分

アドバネクス---第2四半期は事業売却で減収減益も、本業ベースでは2ケタの伸長


アドバネクス<5998>が6日に発表した2016年3月期第2四半期(15年4-9月)決算は、売上高が前年同期比30.4%減の99.24億円、営業利益が同27.0%減の3.66億円、経常利益が同18.6%減の3.53億円、四半期純利益が同25.5%減の2.37億円となった。

15年3月31日に第一化成ホールディングス(プラスチック事業)の全株式を売却したことで減収減益となったが、同事業を除いたベースでは売上高・各利益ともに前年同期比で2ケタの伸びとなった。また、自動車や医療向け、精密機器、住設機器が伸びたほか、拠点再編ロスコストを海外拠点の収益改善活動がカバーしたことで、期初計画を達成した。

通期業績予想は従来計画を据え置き、売上高は前期比32.9%減の198.00億円、営業利益は同18.6%減の8.80億円、経常利益は同13.4%減の8.60億円、当期純利益は同2.8%増の5.50億円を見込む。なお、プラスチック事業を除いたベースでは、売上高が前期比12.3%増、営業利益が同14.4%増と増収増益の見通し。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均