5714 DOWA 東証1 15:00
950円
前日比
+7 (+0.74%)
比較される銘柄: 住友鉱三井金三菱マ
業績: 今期予想
非鉄金属
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.1 1.45 1.89 0.50

銘柄ニュース

戻る
2016年08月08日16時49分

本日の注目個別銘柄:日写印、博報堂DY、パイオニアなど


<4528> 小野薬 2881 -700
ストップ安比例配分で年初来安値を大きく更新。米ブリストル・マイヤーズ スクイブが、小野薬と共同開発した抗がん剤「オプジーボ」の臨床試験で、これまでより幅広い肺がん患者に効果があるとの結果は出なかったと発表したことが伝わっている。PD-L1発現レベルが5%以上の未治療の進行期非小細胞肺がんを対象としたオプジーボの単剤療法を評価する試験のCheckMate -026試験(国際共同治験)において、主要評価項目である無増悪生存期間を達成できなかった。

<6740> JDI 174 -12
一時168円まで下落。17年3月期の第1四半期(16年4-6月)業績を修正している。営業損益見通しは従来の10億円の黒字から35億円の赤字(前年同期は22億円の黒字)へと引き下げた。新たに開示した純損益見通しは118億円の赤字(同4億円の赤字)としている。また、週末には同社が筆頭株主の産業革新機構に金融支援を要請したと一部メディアが報じているが、これも先行きに対する警戒感につながったようだ。

<5714> DOWA 637 +88
大幅に3日続伸。16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。営業利益は前年同期比34.2%減の76億円となった。ただ、66億円強とされていた市場予想を上回って着地した。また、第2四半期以降の前提為替レートを1ドル=115円から105円に変更したものの、17年3月期の上期及び通期業績予想(通期営業利益で前期比17.3%減の290億円)を据え置いたことも安心感につながったようだ。

<6773> パイオニア 221 +32
急伸。16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。売上高は前年同期比12.6%減の953億円となる一方、営業利益は同5.4倍の3.76億円で着地した。営業利益は7億円程度の赤字を見込んでいた市場コンセンサスを上回った。また、第2四半期以降の前提為替レートを1ドル=115円から105円に変更し、17年3月期の上期・通期売上高見通しをやや引き下げたものの、営業利益以下の各利益は従来予想を据え置いている。

<2433> 博報堂DY 1063 -155
年初来安値を大きく更新。16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。営業利益は前年同期比3.4%減の58億円となり、63億円弱とされていた市場コンセンサスを下回って着地した。17年3月期の通期業績については、営業利益で前期比3.3%増の465億円とする従来予想を据え置いている。ただ、市場では第2四半期以降の業績には不透明感があると指摘する意見が多いようだ。

<5938> LIXIL G 2049 +223後場急伸。取引時間中に16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。営業利益は前年同期比38.7%増の144億円で着地した。市場予想では70億円強とみられていた。事業売却や為替影響等で売上高は同7.2%減となったが、LIXIL Water Technology(LWT)を中心に海外事業の損益が改善したという。17年3月期の通期業績については、営業利益で前期比43.5%増の560億円とする従来予想を据え置いている。

<7915> 日写印 2245 +2345
日ぶり大幅反発。前週末に発表した16年4-6月期(第1四半期)決算は、営業損益が10.18億円の赤字(前年同期は2.70億円の赤字)だった。市場コンセンサスでは5億円強の赤字とみられており、実績については想定線ないしややネガティブとの見方が聞かれた。一方で、決算と同時に発表した米医療機器メーカーGraphic Controlsグループの買収について、事業ポートフォリオ拡充の観点などからポジティブ視されたようだ。

<6273> SMC 28210 +2120
大幅に3日続伸。16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。円高進行の影響などで営業利益は前年同期比3.5%減の364億円となった。また、為替差損152億円を営業外費用に計上したこともあり、純利益は同19.0%減の248億円だった。ただ、営業利益は300億円強とされていた市場予想を上回って着地した。為替変動に伴う未実現利益が約30億円発生して営業利益を押し上げたが、市場では実体も堅調との見方が多いようだ。
《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均