5333 日本ガイシ 東証1 15:00
2,266円
前日比
+15 (+0.67%)
比較される銘柄: イビデン東電HDトーカロ
業績: 今期予想
ガラス・土石
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.1 1.89 1.77 2.24

銘柄ニュース

戻る
2016年07月29日15時12分

<動意株・29日>(大引け)=日本通運、日本ガイシ、富士紡HDなど

 日本通運<9062>=後場急上昇。同社午後1時ごろに自社株買いを発表しており、これを好材料視した買いが入った。4000万株(発行済み株数の4.00%)、または300億円を上限としており、取得期間は8月1日から来年2月28日まで。資本効率の向上を図るとともに、株主価値向上を目的としているという。同時に発表した第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高4495億1100万円(前年同期比5.2%減)、営業利益107億7800万円(同2.1%増)、純利益73億7100万円(同10.1%減)だった。前年の米西海岸港湾混雑の影響による航空輸出入貨物増加の反動減や石油販売単価の下落、円高による為替の影響などで、警備輸送セグメントを除いて各セグメントで減収となったが、利用運送費や外注費、燃油費などの減少などに新規連結会社が加わった営業で増益を確保した。

 日本ガイシ<5333>=大幅高。同社が28日取引終了後に発表した17年3月期第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が989億7500万円(前年同期比5.3%減)、営業利益は191億5100万円(同3.9%減)、最終利益は126億4600万円(同8.7%減)と減収減益決算だった。輸出企業の4~6月期決算は円高の影響により前年同期比で大きく落ち込むケースが多いが、海外売上高比率が7割を占める同社が営業4%減益でとどまったことはむしろポジティブサプライズとなり、一気に買い戻しを誘発する格好となった。世界的な排ガス規制強化の流れを受け、自動車向けセラミクス技術などの海外需要が旺盛で、その将来性に期待する声も出ている。

 富士紡ホールディングス<3104>=後場に入って急伸。同社はきょう午前11時30分に、17年3月期通期の連結業績予想修正を発表。営業利益は従来予想の45億円から55億円(前期比51.7%増)に引き上げた。売上高予想は420億円から415億円(同8.9%増)に引き下げたが、半導体デバイスおよび一般工業向け研磨材事業が好調に推移していることが利益を押し上げる。

 関電工<1942>=急伸し、年初来高値を更新。同社は28日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表。営業利益を200億円から220億円(前期比34.0%増)へ、純利益を122億円から142億円(同50.9%増)へ上方修正、売上高は4900億円(同9.5%増)で据え置いた。堅調な民間建設投資を背景に屋内線・環境設備工事の収益性が向上、コストダウン含めた経営改革の効果も表面化している。

 マキタ<6586>=大幅急反発。同社が28日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)の連結純利益は前年同期比21%増の132億2500万円と2ケタ増益だった。主力の電動工具は国内販売が住宅需要の増加もあり堅調だったほか、人民元安で中国からの輸出採算も改善した様子だ。17年3月通期の同利益は前期比0.3%減の415億円が見込まれている。

 ランドコンピュータ<3924>=急反発。同社は28日の取引終了後、8月31日を基準日として、1対3株の株式分割を実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。投資単位当たりの金額を引き下げることで株式の流動性を高めるとともに、投資家層のさらなる拡大を図ることを目的としているという。なお、効力発生日は9月1日。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均