4928 ノエビアHD 東証1 12:42
8,210円
前日比
-150 (-1.79%)
比較される銘柄: ライオンファンケル花王
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
38.4 4.74 1.83 0.98

銘柄ニュース

戻る
2016年11月09日15時26分

<動意株・9日>(大引け)=石川製作所、NCS&A、KNT-CTHDなど

 石川製作所<6208>=後場に入り一時ストップ高。このほかに、東京計器<7721>、豊和工業<6203>、日本アビオニクス<6946>など防衛関連が軒並み高となった。米大統領選挙で、日本などの同盟国に対して、独自に軍備を拡大するよう主張する共和党のドナルド・トランプ氏の優勢が伝わってきたことから、防衛関連企業には需要増の思惑から短期資金が向かった。また、重松製作所<7980>なども同様に買われた。

 NCS&A<9709>=大幅高で年初来高値更新。8日の取引終了後に自社株買いと消却を発表しており、需給面への好影響を期待した買いが入っている。自社株買いは、上限を30万株(発行済み株数の1.58%)、または9000万円としており、取得期間は11月9日から来年6月30日まで。また、自社株消却は、11月30日付で消却前発行済み株数の8.32%にあたる181万5104株を消却するとしている。

 KNT-CTホールディングス<9726>=大幅反発。8日の取引終了後に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高2035億1800万円、営業利益21億8600万円、純利益11億8400万円となり、従来予想の営業利益15億円を上回ったことが好感されている。売上高はほぼ計画通りで着地したものの、各連結子会社で売上原価や諸経費の削減に努めたことが寄与したという。9月30日に期初予想の同30億円から15億円に下方修正していただけに、上振れがポジティブサプライズとなったようだ

 ノエビアホールディングス<4928>=反発。同社は8日取引終了後、17年9月期の連結業績予想を発表し、売上高は520億円(前期比1.6%増)、営業利益は85億円(同10.3%増)と、3期連続で営業最高益更新を見込むことが好感されている。カウンセリング化粧品やセルフ化粧品が前期に続き順調に伸長するほか、医薬品のど飴の自主回収の損失が一巡することも寄与する。なお、16年9月期連結決算は売上高511億8000万円(前の期比3.6%増)、営業利益77億600万円(同1.6%増)だった。同時に、19年9月期に売上高550億円、営業利益100億円を目指す中期経営計画も発表した。

 国際のETF VIX短期先物指数<1552>=急騰。価格は前日比10%超の上昇となっている。米国大統領選で共和党のトランプ氏が優勢となっていることから、急激な株安と円高が進むなか米国の「恐怖指数」と呼ばれるVIX指数に連動する同ETFが買われている。NYダウ先物も3%強急落している。

 C&Fロジホールディングス<9099>=大幅反発し、年初来高値更新。同社は8日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を1020億円から1032億2000万円(前期比46.8%増)へ、営業利益を32億円から38億8000万円(同2.1倍)へ、純利益を21億円から23億8000万円(同56.5%減)へ上方修正したことが好感されている。西日本地区の記録的猛暑など、全国的に平年を上回る高気温となったことを受けて、冷凍・冷蔵食品の共同配送事業における取扱額が増加したことが牽引。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均