4911 資生堂 東証1 15:00
2,862.5円
前日比
-75.5 (-2.57%)
比較される銘柄: 花王コーセーポーラHD
業績: -
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
38.1 3.11 0.70 0.20

銘柄ニュース

戻る
2016年02月17日09時53分

インバウンド関連は高安まちまち、1月の訪日客1.5倍も2月の反動に警戒

 オリエンタルランド<4661>、資生堂<4911>、サンドラッグ<9989>、ビックカメラ<3048>、エイチ・アイ・エス<9603>などインバウンド関連は高安まちまちの展開。日本政府観光局(JNTO)が前日発表した1月の訪日外国人客数は、前年同月比52.0%増の185万2000人と高い伸びを示した。1月としては過去最高で、とりわけ中国からの訪日客数が前年同月比2.1倍の47万5000人と高変化をみせた。

 ただ、1月の中国の訪日客の伸びは、学校休暇期間の前倒しの特殊要因があり2月はその反動で数字が伸び悩むことも予想されるだけに強弱感が対立。発表に先駆して上昇した銘柄については利益確定売りに押されるものも目立っている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均