4901 富士フイルム 東証1 15:00
4,243円
前日比
-23 (-0.54%)
比較される銘柄: キヤノンコニカミノル東芝
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.6 0.96 1.65 3.76

銘柄ニュース

戻る
2016年06月15日14時13分

国内大手証券、事務機の注目株はキヤノンMJ、コニカミノルタ、セイコーエプソン、富士フイルムHD

 国内大手証券の精密(事務機)セクターのリポートでは、1~3月期の事務機市場は、カラー複写機市場の成長が続いていると指摘。モノクロ複写機市場とプリンタ市場は台数ベース、金額ベースともマイナス成長が持続しているものの、減少幅は縮小しているため、事務機市場の底打ちに繋がるかどうかに注目したいと解説。

 注目銘柄として、円高とデジカメのシェア上昇でキヤノンマーケティングジャパン<8060>、高い戦略性からコニカミノルタ<4902>、環境先進企業として事務機業界をリードできる可能性があるセイコーエプソン<6724>、高い戦略性と知見で事務機市場でのシェアを着々と強化している富士フイルムホールディングス<4901>をピックアップしている。
《MK》

株探ニュース



日経平均