4824 メディアシーク 東証M 14:57
436円
前日比
+1 (+0.23%)
比較される銘柄: ネオスエイジアカドカワ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
83.4 2.72
決算New!  2016/12/02 発表

銘柄ニュース

戻る
2016年06月20日10時20分

メディアSが連日S高、引き続きスマホ向け高速動画配信技術「MADO」開発を好材料視

 メディアシーク<4824>が前週末17日のストップ高に続き、この日もストップ高水準でカイ気配となっている。引き続き17日に発表した、世界最高レベルのスマートフォン向け高速動画配信技術「MADO」開発を好材料視した買いが継続して入っているようだ。

 「MADO」は、これまでスマートフォン向けWEB環境の動画コンテンツ再生で課題となっていた、動画のダウンロードに大量のデータ通信が必要で再生開始まで時間がかかる、同一のWEBページに複数の動画を同時再生できない、動画を自動再生するとデータ容量が増え動作が重くなって通信料が高くなるなどの課題を解消。高画質の動画もサクサク瞬時に再生開始、最大7つの動画を同一のWEBページで同時自動再生、オリジナルの画像データより軽い動作を実現し、自動再生しても動画ファイルが重くならないなどを実現したのが特徴としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均