4819 デジタルガレージ 東証1 15:00
1,911円
前日比
-70 (-3.53%)
比較される銘柄: ヤフーGMOイード
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.7 2.92 1.40 26.26

銘柄ニュース

戻る
2015年12月30日11時40分

デジタルガレージ、有力処はレーティング最上位を継続、フェアバリューを2900円に設定

 デジタルガレージ<4819>が反落。プラススタートで始まったものの、高寄り後は売りが優勢の展開。

 いちよし経済研究所では、インキュベーションテクノロジー以外の業績は想定範囲内で推移していると指摘。同社はソーシャルニュースサイト「Digg」を運営する米Digg社に出資、同サービスの日本展開を支援する方針としており、ユーザーの70%は検索エンジンやソーシャルメディア経由ではなく直接アクセスするなど「ロイヤリティの高さが特徴」と解説。

 レーティング「A」を継続、フェアバリューを2800円から2900円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均