4768 大塚商会 東証1 15:00
7,430円
前日比
+30 (+0.41%)
比較される銘柄: 伊藤忠テクノSCSK野村総研
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.8 3.56 1.62 0.27
決算発表予定日  2017/10/31

銘柄ニュース

戻る
2016年01月06日14時24分

国内大手証券、2016年もビジネスソフト・ITサービスセクターの増益傾向は続くと予想

 SMBC日興証券のビジネスソフト・ITサービスセクターのリポートでは、日本企業、金融機関、政府のIT投資は引き続き強く、増収傾向は続くと予想。日本の主要業種の中で需要超過にあるのは情報サービスだけ、ファンダメンタルズの相対的な良さは際立っているとみて、2016年も増益傾向は続くと解説。

 来期以降の持続的な成長期待から、セクターの株価は再び上昇を始めると予想して、業種格付け「強気」を継続。注目銘柄として、NTTデータ<9613>、大塚商会<4768>、SCSK<9719>、オービック<4684>を紹介している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均