4699 ウチダエスコ JQ 15:00
1,015円
前日比
+5 (+0.50%)
比較される銘柄: 内田洋日本サードエイジア
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.6 0.81 2.46

銘柄ニュース

戻る
2015年11月26日10時17分

ウチダエスコが反落、第1四半期は減収減益、ICTサービス事業でサポートコストが一時的に増加

 ウチダエスコ<4699>が反落。小幅安水準での推移している。
 同社は25日引け後、16年7月期第1四半期連結決算を発表、売上高は前年同期比7.4%減の29億9700万円、営業利益は同63.1%減の9700万円になった。
 売上高の減少に加え、新規分野の案件サポートに積極的に取り組んだ結果、サポートコストが一時的に増加したことから、ICTサービス事業のセグメント利益が大幅な減益となった。オフィスシステム事業はオフィス案件の減少が影響し、減収減益となった。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均