4611 大日本塗料 東証1 11:15
219円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: 日本ペHD関西ペ三菱ケミHD
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.8 1.09 1.83 7.71

銘柄ニュース

戻る
2015年11月18日12時54分

大日塗料が急動意で5カ月ぶり新高値、好業績・低PERで低位株物色人気の流れに乗る

 大日本塗料<4611>が急動意、前日比5.7%高の204円まで上値を伸ばし、6月4日の高値200円を上抜き約5カ月ぶりに年初来高値を更新した。日経平均が2万円大台をうかがう強調相場にあって、低位株への物色人気が波及している。同社は建材や重防食など総合塗料メーカーで、構造物分野の出荷が会社側想定以上に好調ななか、利益率の高い高付加価値製品が収益を牽引、ナフサ価格下落に伴う採算改善も手伝い、16年3月期は営業利益段階で54億5000万円と期初予想を5億円強上方修正している。PERも9倍近辺と割安感が強い。11月に入り190円近辺で強弱拮抗していたが、きょうは寄り後に大口の買いが流入し株高に火をつけたかたちだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均