4584 ジーンテクノサイエンス 東証M 15:00
1,496円
前日比
-44 (-2.86%)
比較される銘柄: ナノキャリアシンバイオカイオム
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
4.39

銘柄ニュース

戻る
2016年06月09日20時21分

ノーリツ鋼機<7744>医療情報分野・再生医療関連の出遅れとして注目=向後 はるみ


足元では、再度、バイオ関連株が値を飛ばしています。
外部環境に不透明要素がある中、今後拡大が見込める内需株であり、医療情報分野・再生医療関連の出遅れとしてノーリツ鋼機<7744>をピックアップします。

ノーリツ鋼機<7744>は、停電時でも使える印画自動水洗機の発明が礎となり、世界で初めてフィルム現像工程の自動化に成功したミニラボ機の世界最大手メーカーです。
現在は、業態を大きく変貌させ、「ものづくり」を基幹領域とし、シニア分野、?科分野、医療機関サポート分野を安定収益領域に、AIやクラウドソーシング、IT×アグリといったデジタル分野や、再生医療などのバイオ分野、レセプトビッグデータなどの医療情報分野を成長領域と据えています。

医療事業子会社は、JRM-001及び新規再生医療等製品の開発・上市を目指している日本再生医療、新規バイオシミラーの新規製品の開発・上市及び海外展開を目指すジーンテクノサイエンス<4584>、無侵襲的出?前遺伝?検査(NIPT)シェア80%のリーディングカンパニーであるジーンテック、動脈硬化のバイオマーカーを保有するNKメディコを有しています。

株価をみてみると、5月18日に発表した17年3月期業績予想が、売上高は500億円(前期比、15.6%増)、営業利益は46億円(同、125.9%増)、税引前利益は43億円(同、93.5%増)、当期純利益は22億円(前期は29.55億円の赤字)と大幅増収増益を見込み、2円の増配を予定していることが好感され、翌19日はストップ高で取引を終えました。
さらに20日には、子会社の日本再生医療が、小児先天性心疾患(機能的単心室症)を対象とした世界初となる再生医療等製品ヒト(自己)心臓内幹細胞JRM-001の企業治験開始が伝わり、24日に年初来高値963円をつけています。

5月27日には、傘下に医薬品データベースを開発する子会社メディカルデータベースを持ち、保険薬局向け業務システムの開発を手掛けるユニケソフトウェアリサーチの全株式を取得し子会社化すると発表しています。
9日終値795円でのPERは13.07倍、PBRは0.53倍とバリュエーションはいまだ割安水準にある点もポイントです。


毎月、渾身の5銘柄をピックアップする「特選レポート」をリリースしています。
その他マーケット情報などは、ツイッター(@harusmile)をフォローしてチェックしてくださいね。
毎営業日のマーケット各種データは、当方のオフィシャルブログ「はる日和」(harumi-kougo)にて、一口コメントはFBにて配信しています♪


フィスコ
向後はるみ

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均