4583 カイオム 東証M 15:00
451円
前日比
-12 (-2.59%)
比較される銘柄: オンコセラピオンコリス医学生物
業績: -
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.75 288

銘柄ニュース

戻る
2015年12月28日13時42分

バイオ関連が一斉高、マザーズなど新興市場に個人投資家資金が集結

 タカラバイオ<4974>、カイオム・バイオサイエンス<4583>、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>、コスモ・バイオ<3386>、セルシード<7776>、ナノキャリア<4571>、メディネット<2370>、テラ<2191>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>、スリー・ディー・マトリックス<7777>など新興市場のバイオ関連株が一斉高となった。

 「年末で機関投資家の参戦が限られ主力株の動きが重いなか、個人投資家の物色資金が値動きの軽い新興市場に向かっている。」(国内ネット証券大手)という。東証マザーズは前週末時点で騰落レシオが64%台と東証1部を大きく下回る水準まで下げており、売られ過ぎていた分、戻り足も鮮烈となっている。新興市場を砦とするバイオベンチャーはその象徴となった。国策によるフォローの風も意識されている。政府はiPS細胞技術の深耕に積極的で、2022年度まで総額1100億円の予算を作成するなど再生医療分野への資金的支援も厚い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均