4555 沢井製薬 東証1 15:00
6,160円
前日比
+120 (+1.99%)
比較される銘柄: 日医工東和薬品富士製薬
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.0 1.73 2.11 18.88

銘柄ニュース

戻る
2016年06月16日11時44分

医療・介護費削減で在宅介護やジェネリック銘柄に注目、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

社会保障費の財源確保が目的だった消費増税。これが先送りとなったことで、政府はより一層の社会保障費削減を迫られることになりました。すでに増加を続ける医療・介護費の抑制に動いていて、今後もさらにそのための策を講じるものとみられています。

こうした中、SMBC日興証券では、『医療・介護費の抑制手段として、価格の安い後発医薬品や、入院・介護費の削減が期待できる在宅医療・介護が注目されている』として、その恩恵を受けそうな銘柄を6月16日付けの「Daily Outlook」で紹介しています。

ジェネリック医薬品大手の沢井製薬<4555>や訪問介護のN・フィールド<6077>、医療・介護ベッドで国内シェアトップのパラマウントベッド<7817>など、8銘柄がピックアップされていますので、よろしければご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均