4548 生化学工業 東証1 11:15
1,555円
前日比
-1 (-0.06%)
比較される銘柄: 科研薬ニッピダイト
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
44.0 1.28 1.67 1.77

銘柄ニュース

戻る
2015年12月10日07時59分

生化学工業---糖質科学にフォーカスした研究開発型企業


生化学工業<4548>は、複合糖質を中心とした医療用医薬品および医療機器等を製造・販売している。糖質科学を専門分野とする研究開発型の製薬会社である。ヒアルロン酸製剤などの有用な医薬品の開発・供給を通じ、国内外で着実に実績を積み重ねてきた。2009年3月に策定した「生化学工業10年ビジョン」のもと、糖質科学分野に焦点を絞った国際競争力の確立を目指している。

足元の業績では、2016年3月期第2四半期(15年4月~9月)決算は、売上高が前年同期比12.0%増の159.54億円、営業利益が同31.1%増の20.5億円、経常利益が同22.1%増の25.75億円、四半期純利益が同15.0%増の19.41億円だった。海外医薬品の数量増や円安効果が増収の背景。単回投与の関節機能改善剤ジェル・ワンが米国現地で販売を伸ばした。

2016年3月期通期については、売上高が前期比3.8%増の306.5億円、営業利益が同0.7%増の24億円、経常利益が同5.2%減の38億円、純利益が同20.6%減の29億円を見込んでいる。摘出手術の代替となる、腰椎椎間板ヘルニアを注射1回で治療する薬を開発中。国内で承認申請し、現在審査が継続している。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均