4521 科研製薬 東証1 15:00
5,720円
前日比
-90 (-1.55%)
比較される銘柄: 生化学田辺三菱キョーリン
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 2.47 2.62 5.81

銘柄ニュース

戻る
2016年03月02日13時57分

国内調査機関、割安感がある銘柄としてマツキヨHDと科研製薬を紹介

 TIWでは、2月の米国主要統計発表を控え、為替と株価への強い影響が予想される中、企業部門の数値が芳しくなくても雇用統計では強い数値が期待できる点を頭の片隅に置いておきたいと指摘。日本では、アナリストのコンセンサス予想下方修正が続いているため、輸出や資源関連は特に買い難い局面が続くものの、「内需型企業の押し目を打診的に拾って行きたい」と解説。

 割安感がある銘柄として、マツモトキヨシホールディングス<3088>と科研製薬<4521>を紹介している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均