4514 あすか製薬 東証1 15:00
1,688円
前日比
-25 (-1.46%)
比較される銘柄: 富士製薬JCRファ第一三共
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
26.2 1.19 0.83 0.57

銘柄ニュース

戻る
2016年07月25日14時47分

あすか薬が一時S高、リフキシマの製造販売承認の可否が改めて審議へ

 あすか製薬<4514>が一時ストップ高の2231円まで買われている。22日、厚生労働省が8月5日に開催される薬事・食品衛生審議会の医薬品第二部会で、同社の肝性脳症治療薬「リフキシマ」を審議対象にすると明らかにしており、これを好材料視した買いが入っている。

 同薬については、5月30日の審議会で審議対象となったものの、継続審議の対象となり、データの追加が求められていたが、今回、これに対応したことで改めて製造販売承認の可否が審議されることになる。製造販売が可能になれば業績へのインパクトが大きいとみた買いが入っているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均