4346 ネクシィーズグループ 東証1 15:00
1,288円
前日比
-60 (-4.45%)
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.7 3.24 1.55 2.37

銘柄ニュース

戻る
2016年06月10日07時43分

前日に動いた銘柄 part1:東芝、gumi、アスクルなど


銘柄名<コード>⇒6月9日終値⇒前日比


ベルーナ<9997> 625 +30
材料観測されないが、内需系の好業績銘柄に資金シフトも進んでおり。

ダブルスコープ<6619> 6660 +260
公募価格決定後は買戻しが優勢か。

ネクシィーズ<4346> 2778 -247
ブランジスタの伸び悩みなど影響も。

サンデンHD<6444> 353 -16
為替の円高進行などもネガティブ視へ。

さくらインタ<3778> 1133 -45
テーマ物色の動きが鎮静化しており。

ミツミ電機<6767> 488 -19
25日線レベルでは上値の重さが目立つ。

日立金属<5486> 1165 -44
景気敏感株は全般的にさえない動きとなり。

ミネベア<6479> 824 -31
国税当局との係争でタイ裁判所が不服申し立てを却下。

gumi<3903> 1021 +79
10日の決算発表控えて思惑なども高まるか。

日新電機<6641> 1400 +167
大和証券では投資判断を新規に「2」格付け。

メック<4971> 946 +102
特に材料は観測されないが前場中頃にかけ大幅高。

日本エンター<4829> 354 +30
スピード調整一巡感で買い戻し優勢か。

アイロムグループ<2372> 1313 +94
iPS細胞作製で中国の改良特許査定を取得。

日本アジア<3751> 451 +25
継続的な自社株買いの実施を発表で。

ディップ<2379> 3095 +178
好業績内需株として選別物色の動きにも。

アスクル<2678> 3935 +220
JPモルガン証券では新規に買い推奨へ。

東芝<6502> 292.2 +13.8
米WHがインドで原発を受注。

ハーツユナイテッド<3676> 3735 +265
第三者割当CBの払い込み完了と。

イノテック<9880> 486 +28
ドローン関連などのテーマ性高まる格好にも。

住友鉱<5713> 1183.5 +45.5
金市況の先高期待などが高まる状況にも。

プリマハム<2281> 329 +13
年初来高値更新で上値妙味も。

豆蔵HLDG<3756> 923 +35
好業績内需株として上値追い継続へ。

富士通ゼネラル<6755> 2104 +74
信用倍率0.1倍台で買戻しが優勢に。

九電工<1959> 3390 +210
岡山でのメガソーラー建設なども材料視か。

ペプチド<4587> 7190 +90
バイオ関連の一角には格上げの動きなども観測され。

ブレインパッド<3655> 1276 +42
取組妙味強い中、高値圏で買い戻し優勢に。

TOWA<6315> 898 +19
「半導体・オブ・ザ・イヤー2016」グランプリを受賞とも。

サイバネット<4312> 827 +34
テーマ性の高さから短期資金の関心が続く。

ドンキホーテ<7532> 3905 +85
デフレ対応関連銘柄としても関心か。

国際帝石<1605> 910.5 +23
原油市況の上昇が買い材料視される。

日本製鋼所<5631> 499 +13
WHのインド原発受注が刺激にも。

宮越HLDG<6620> 547 -49
過熱警戒感からの利食い売りが優勢に。

日本ゼオン<4205> 742 -47
8日には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価下げ。

クボタ<6326> 1479 -57
8日にはシティグループ証券が格下げ。

日本精工<6471> 876 -40
SMBC日興証券が目標株価を引き下げ。

日本取引所<8697> 1283 -45
低水準の売買代金をマイナス材料視。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均