株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 IPSの【株価予想】【業績予想】を見る

4335アイ・ピー・エス

JQ
984円
前日比
+15
+1.55%
比較される銘柄
NTTDイン
インフォコム
日本サード
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.7 2.86 0.51

銘柄ニュース

戻る

<動意株・18日>(前引け)=アイピーエス、ダイハツディーゼル、丸八証券

 アイ・ピー・エス<4335>=連日のストップ高でカイ気配。関西を地盤に企業の情報システム構築・ERP導入支援を展開するが、ERPをクラウドで導入するサービスが好調で収益を押し上げている。同分野での先行者メリットを発揮してソフト開発大手である独SAPのパブリッククラウド認定パートナーの第1号となったことは特筆される。19年6月期は営業利益段階で前期比倍増の1億4000万円予想だが、企業のIT投資需要拡大を追い風に、クラウドサービス導入を足場としたコンサルや開発投資などで商機をつかむ公算大。20年6月期以降も高成長が続く可能性がある。

 ダイハツディーゼル<6023>=急伸。同社が18日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想について、営業利益を25億円から30億円(前期比1.4%減)へ、純利益を15億円から20億円(同4.5%減)へ上方修正したことが好感されている。売上高は570億円(同5.3%減)の従来見通しを据え置いたが、足もとで為替レートが想定よりも円安で推移していることが利益を押し上げるとしている。

 丸八証券<8700>=大幅高。同社は18日の取引終了後、非開示としていた第2四半期累計(4~9月)決算について速報値を発表し、営業利益が前年同期比2.5倍の2億7300万円になったとしており、これを好感した買いが入っている。営業収益は14億4600万円(前年同期比14.6%増)となった。外国株式や外国債券の取り扱いが増加したことや、投資信託の販売手数料の増加などが売上高・利益を押し上げたとしている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均