4308 Jストリーム 東証M 15:00
663円
前日比
-55 (-7.66%)
比較される銘柄: パイプドHDイードエイジア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
42.9 2.34 46.68

銘柄ニュース

戻る
2015年09月09日08時18分

Jストリーム---スマホ中心に様々なデバイスで動画の利用機会が拡大


Jストリーム<4308>は、インターネットでの動画配信のパイオニア。国内最高水準のPC向け動画配信ネットワークのほか、動画配信プラットフォーム事業が中核となっている。オンデマンド配信、Webサイトや映像の制作、マーケティング提案、携帯電話等向けのクロスデバイス配信など、インターネット、そしてWebの進化・成長に足並みをそろえて業務の幅も拡大してきた。

2016年3月期は売上高で前期比9.0%増の53.0億円、営業利益で同0.9%増の3.5億円が見込まれている。配信サービスで引き続き契約件数増加に注力するとともに、高成長したライブは医療領域に加えて金融や社内情報共有など新領域を開拓する。また、映像とWebの融合提案の強化、配信商材と組み合わせた運用提案を推進するとともに、動画広告の事業化など新規案件にも注力する。

現状、スマートフォンを中心に様々なデバイスによる動画の利用機会が拡大すること、引き続きネットライブ配信の伸長が見込めること、動画広告が注目を集めつつあり市場の拡大が見込めることなど、市場に明るい材料は見られる。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均