4246 ダイキョーニシカワ 東証1 14:05
1,403円
前日比
-17 (-1.20%)
比較される銘柄: 三洋化セ硝子JSP
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.6 1.91 1.71 1.39

銘柄ニュース

戻る
2016年07月07日13時44分

DNCが連日の安値、欧州大手証券では収益は一服基調と予想も中長期成長への期待値は不変

 ダイキョーニシカワ<4246>が実に6営業日続落。連日で年初来安値を更新している。

 クレディ・スイス証券は同社について、17年3月期はマツダ<7261>のモデルサイクルが一巡することに加え、従来予想を上回る改善コストの積み増しなどに伴い、収益は一服基調と予想するとリポートで紹介。それでも、中長期成長への期待値は従来と変わらず、今後も一層厳格化が進む燃費規制の後押しもあり、同社の軽量化技術が製品の高付加価値化、シェア拡大へと繋がるとの見解を示している。

 同証券は業績予想を下方修正し、目標株価を2000円から1600円へ引き下げ。投資評価は「アウトパフォーム」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均