4005 住友化学 東証1 15:00
567円
前日比
+13 (+2.35%)
比較される銘柄: 三菱ケミHD昭電工旭化成
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.4 1.32 2.47 1.30

銘柄ニュース

戻る
2015年10月16日14時32分

国内大手証券、化学セクターでは日本ゼオン、日立化成、住友化学を選好

 三菱UFJ証券モルガン・スタンレー証券の化学セクターの決算プレビューでは、マクロ経済などの不透明感が増す中、取材からは少なくとも16年3月期第2四半期まで、ほとんどの企業で堅調な業績が続きそうとの印象を受けたと指摘。それでも、エレクトロニクス製品の最終需要の悪化に比べて、材料の需要悪化タイミングが遅れている可能性もあるとの見方で、第3四半期以降に大きな調整局面を迎えるリスクを排除しきれないと解説。
 個別では、エラストマー素材事業の業績が安定、第2四半期に入ってスマホ・タブレットの新モデル向けフィルムの出荷が急速に増加している日本ゼオン<4205>、割安感の強い日立化成<4217>、石化事業や農業・健康関連事業が好調な住友化学<4005>を選好している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均