3903 gumi 東証1 15:00
727円
前日比
+7 (+0.97%)
比較される銘柄: グリーディーエヌエKLab
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.74
決算発表予定日  2016/12/09

銘柄ニュース

戻る
2016年07月07日07時30分

前日に動いた銘柄 part1:キユーピー、鳥貴族、トリドールなど


銘柄名<コード>⇒7月6日終値⇒前日比


ミライトHD<1417> 1080 +58
特に材料見当たらないがディフェンシブ性に関心か。

新日本建設<1879> 774 +39
5日に急伸、値動きの軽さを妙味に。

住友精化<4008> 575 +22
引けにかけて上げ幅広げる展開に。

トーセイ<8923> 797 +30
通期営業益は75.6億円から90億円に増額。

アルパイン<6816> 954 -63
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では業績下方修正。

東洋ゴム<5105> 1040 -63
円高デメリット銘柄として売り優勢に。

三菱Uリース<8593> 365 -22
日立キャピタルの下げの影響なども響くか。

サンケン<6707> 302 -18
電子部品株軟調な流れに押される。

ソフトブレーン<4779> 708 +100
品貸料率引き上げなどで買戻しが先行か。

ハニーズ<2792> 1345 +198
5日に決算発表、想定以上の今期見通しを評価材料視。

KLab<3656> 753 +59
「ラブライブ」のランキング上昇を材料視。

キユーピー<2809> 3485 +380
SMBC日興証券では目標株価を引き上げへ。

アウトソーシング<2427> 4885 +300
ディフェンシブの一角でもあり買戻しが先行か。

鳥貴族<3193> 2105 +99
5日の引け後に発表した月次動向が好感される。

ベルシステム24<6183> 869 +23
参院選の接近で関連銘柄として関心か。

トリドール<3397> 3285 +165
5日に発表した月次動向を好感する。

NTT<9432> 5044 +107
ディフェンシブ銘柄の一角には逃避資金向かう。

富士通ゼネ<6755> 2357 +52
円高メリットの一角として買い優勢にも。

ドコモ<9437> 2883.5 +42.5
ディフェンシブの一角として資金が向かう形にも。

アドヴァン<7463> 963 -191
第1四半期は経常赤字に転落で。

アスクル<2678> 3520 -165
5日に発表した決算は期待値に達せずで。

gumi<3903> 894 -59
1100円レベルでの上値の重さを嫌気へ。

日本エンター<4829> 320 -27
ドローン関連として5日に急伸の反動。

日立キャピタル<8586> 1869 -190
英国関連の一角として改めて警戒感強まる。

太陽誘電<6976> 800 -69
みずほ証券では目標株価を引き下げ。

竹内製作所<6432> 1166 -80
欧州関連株として円高の流れを嫌気する。

マツダ<7261> 1252 -81.5
円高デメリットの代表銘柄として売り優勢に。

SUMCO<3436> 618 -42
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価下げ。

マブチモーター<6592> 4000 -300
個別材料は観測されないが電子部品株安の流れに。

ルネサスエレ<6723> 528 -34
ドイツ証券では目標株価を引き下げへ。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均