3891 ニッポン高度紙工業 JQ 15:00
928円
前日比
-6 (-0.64%)
比較される銘柄: 三菱紙ハビックス巴川紙
業績: 今期予想
パルプ・紙
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
498 0.78 1.94 9.06

銘柄ニュース

戻る
2016年02月09日11時11分

ニッポン高度紙、有力処はリチウムイオン電池向けセパレータは最悪期を脱しつつあると指摘

 ニッポン高度紙工業<3891>が反落。売り気配で始まり、安寄り後は下げ幅を縮小する展開となっている。

 いちよし経済研究所では、アルミ電解コンデンサ向けを中心とするセパレータ需要の停滞が続いているため、業績回復が遅れていると指摘。リチウムイオン電池向けセパレータは最悪期を脱しつつあり、今後の回復が期待されるとする中、定置用を中心に拡大が期待される一方、顧客企業は広がっていないと解説。

 レーティング「B」を継続、フェアバリューを1000円から950円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均