3861 王子ホールディングス 東証1 15:00
484円
前日比
+15 (+3.20%)
比較される銘柄: 日本紙大王紙レンゴー
業績: 今期予想
パルプ・紙
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.5 0.85 2.07 2.29

銘柄ニュース

戻る
2015年09月15日14時15分

国内大手証券、繊維・紙パルプ・ガラス土石セクターの中ではセメントに注目

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の繊維・紙パルプ・ガラス土石セクターの7~9月期決算プレビューでは、コンセンサスや会社計画との比較で、東レ<3402>や帝人<3401>、王子ホールディングス<3861>、住友大阪セメント<5232>、太平洋セメント<5233>がポジティブな印象、日本製紙<3863>とレンゴー<3941>がネガティブな印象になると予想。17年3月期に向けて大きな業績改善が期待できそうな大平洋セメントと、中長期で実現確度の高い成長ストーリーを持つ東レをトップピック推奨して、セクターレーティング「中立」を継続。
 サブセクターでは、「中国や市況の影響や相対的に軽微なセメントセクターが選考されやすい」とみて、選好順位をセメント>繊維>ガラス>紙パルプの順に設定している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均