3836 アバント JQG 13:40
828円
前日比
+1 (+0.12%)
比較される銘柄: 情報企画OBC東洋BENG
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.1 2.29 1.33

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日12時05分

アバント Research Memo(3):圧倒的な導入実績と高い投資効率、多彩なソリューション提案力が強み


■会社概要

(2)「DivaSystem」の強み

「DivaSystem」の強みをまとめると、その圧倒的な導入実績と高い投資効率、多彩なソリューション提案力にあると考えられる。

・連結会計ソフト(制度連結、管理連結)での圧倒的実績
連結パッケージソフトとしての実績は国内随一で、単一システムによる制度連結と管理会計の実現、及び米国会計基準(SEC)や国際会計基準(IFRS)など複数の会計基準での運用実績など、連結会計にかかる多様なニーズに対応が可能となっている。1997年の販売開始以降、累計導入社数は800社を超えているが、なかでも東京証券取引所1部上場企業の時価総額上位100社のうち、50社がアバント<3836>のシステムを利用するなど、大企業での導入シェアの高いことが特徴となっている。また、ユーザー継続率も高く、「品質の高さ」に加えて「顧客対応力」に優れていることも同社の強みと言えよう。

・パッケージの優位性
15年を超える開発実績と顧客ノウハウが凝縮されたパッケージ・ソフトウェアであり、ゼロからの新規開発品と比較した投資対効果は極めて高い。

・業務専門性
公認会計士などのスペシャリストのほか、経営管理や計数感覚に長けた人材を豊富に抱えており、また、グループ企業や外部パートナー企業との連携を取りながら多様なニーズに対応できるソリューションサービスの提供を可能としている。

競合製品は、機能面での大きな差異はなくなってきている模様だが、今までに築き上げてきた高い実績と信用力、並びに開発からコンサルティング、サポート、アウトソーシング・サービスまでワンストップソリューションを提供できる強みが同社にはあり、今後も国内トップの地位を維持し続けるものとみられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均