3689 イグニス 東証M 15:00
9,110円
前日比
+300 (+3.41%)
比較される銘柄: アクセルMディーエヌエセプテニHD
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.29 153

銘柄ニュース

戻る
2015年10月28日08時12分

イグニス---「ぼくとドラゴン」繁体字版を発表、So-net台湾が配信・運営を担当


イグニス<3689>は27日、スマホRPG「ぼくとドラゴン」の繁体字版をSo-netEntertainment Taiwan Limited(以下、「So-net台湾))を通じて、台湾・香港・マカオ市場向けにリリースすることを発表。台北市内において、So-net台湾と共同記者発表会を開催した。

同社が「ぼくとドラゴン」の繁体字版の開発を行い、So-net台湾が配信、運営、プロモーションを担当する。配信開始は近日予定としている。

「ぼくとドラゴン」は同社の主力アプリで、9月20日には200万ダウンロードを突破している人気スマホゲーム。台湾市場は日本のゲーム、マンガ、音楽などが広く浸透しており、ソーシャルゲームに限らず日本発のヒットアプリが多い。同社は2014年9月に「ネズミだくだく~マウス繁殖セット~」の繁体字版をリリースし、100万ダウンロードを超えるヒットを記録している。

「ぼくとドラゴン」についても、文化や生活習慣の違いから生じる嗜好の相違に留意して、バトル開催時間の変更や繁体字版限定キャラクターの投入など、カルチャライズを行う予定としている。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均