3675 クロスマーケ 東証M 15:00
748円
前日比
-18 (-2.35%)
比較される銘柄: イードインテージHアイドマMC
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.7 3.21 0.87 11.72

銘柄ニュース

戻る
2016年08月16日10時13分

クロスマーケが一時13%安、第2四半期は人件費増で営業利益2割減

 クロス・マーケティンググループ<3675>が大幅3日続落し、一時前日比13.3%安の337円まで売られている。15日取引終了後、16年12月期第2四半期累計(1~6月)の連結決算を発表し、売上高は72億9900万円(前年同期比3.0%増)、営業利益は4億2900万円(同20.4%減)と、大幅な営業減益だったことが嫌気されている。

 リサーチ事業は、海外の事業会社で為替の影響などで苦戦したものの、国内が堅調に推移した。ただ、ITソリューション事業で中期的な成長のための人員増加に伴う人件費および採用費などが増加したため、全体として減益を余儀なくされた。

 なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高165億3500万円(前期比11.3%増)、営業利益12億5100万円(同1.5%増)を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均