3659 ネクソン 東証1 15:00
1,588円
前日比
-1 (-0.06%)
比較される銘柄: ディーエヌエコナミHDガンホー
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
39.3 1.98 0.63 0.22

銘柄ニュース

戻る
2015年11月24日07時32分

先週末に動いた銘柄 part1:ルネサス、JVCケンウッドなど


銘柄名<コード>⇒20日終値⇒前日比

ルネサス<6723> 761 +74
独インフィニオンが出資に関心と海外紙で伝わる。

藤田観光<9722> 548 +35
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価引き上げのもよう。

チヨダ<8185> 4175 +255
内需株物色のなかで買戻しが優勢となる。

テクノスJ<3666> 2798 +153
自動運転関連として関心が続く形にも。

インフォマート<2492> 1057 +57
ソフト総研が提供する「客先専伝」とシステム連携を開始。

フジテック<6406> 1297 -52
25日線割れなどでもみ合い下放れの格好にも。

ノーリツ<5943> 1817 -65
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価1590円に下げ。

日本新薬<4516> 5180 -150
株価高値圏で利食い売りの対象にも。

クオール<3034> 1645 +128
市販薬1万円超購入で所得税軽減と報じられ。

日本エンター<4829> 289 +29
クルーズから「フリマアプリ」サービス譲受と伝わる。

アイスタイル<3660> 1579 +89
スピード調整一巡感で押し目買いも向かう。

サイバーAG<4751> 5160 +265
ジェフリーズ証券では目標株価引き下げも買い推奨を継続。

北陸電工<6989> 178 +16
わずかな振動エネルギーで発電する装置を開発と。

シャープ<6753> 132 +6
テレビ事業の収益強化策を発表している。

JPHLDG<2749> 341 +16
引き続き政策期待の高まる展開が続く。

日本通信<9424> 306 +18
短期訪日客向けにSIMカード通信料を無制限にと。

ネクソン<3659> 1950 +65
新アプリへの期待感が継続する格好に。

GMOペイメント<3769> 5570 +340
5000円の節目を上回り買戻しの動きなどが優勢に。

ソースネクスト<4344> 603 +16
一目均衡表の雲上限突破などテクニカル妙味で。

マツキヨHLDG<3088> 6560 +200
ドラッグストア業界の大手として政策メリット期待も。

JVCケンウッド<6632> 335 +19
自動運転関連として関心が続く格好になっており。

コーセー<4922> 12770 +730
クレディ・スイス証券では目標株価14500円に引き上げ。

ネクスト<2120> 1044 +62
月次発表の接近なども思惑視か。

オカモト<5122> 1033 +45
一目均衡表雲下限レベルを支持線として意識。

セイコーHLDG<8050> 828 +51
野村證券では目標株価を1000円に引き上げ。

グリコ<2206> 6480 +280
20日は食品株の一角で強い動きが目立つ。

GMO<9449> 1879 +85
GMOペイメントの株価上昇が刺激にも。

森永製菓<2201> 667 +25
内需系銘柄への資金シフトで買戻しなども。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均