3649 ファインデックス 東証1 15:00
842円
前日比
-12 (-1.41%)
比較される銘柄: MDVNDソフト安川情報
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
47.9 9.07 0.83 6,100

銘柄ニュース

戻る
2015年08月27日16時51分

本日の注目個別銘柄:シマノ、清水建設、アインファーマなど


<5726> 大阪チタ 2961 +223
買い優勢。2015年度中に航空機向けチタン材料の生産を約8割増やすと報じられている。ボーイングやエアバス向けに需要が回復すると判断したようだ。スポンジチタン専業メーカーアであり、増産が収益拡大に直結するとの見方から、今後の収益水準の急拡大が期待される状況となっているようだ。東邦チタニウムなども連れ高する格好に。

<7309> シマノ 15610 +880
大幅続伸。JPモルガン(JPM)では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価は18000円を継続している。目立った調整がないまま複数年にわたって株価は上昇してきたが、ついに押し目買いの機会が到来と判断しているもよう。市場の中国に対する懸念は過大であるほか、最近の為替動向は実際には正味の好材料と指摘、また、最近の株価下落はバリュエーションを魅力的にし、自社株買いや増配の可能性を高めているとも。

<1803> 清水建設 1158 +57
買い優勢。みずほ証券では投資判断「買い」継続で、目標株価を1100円から1200円に引き上げている。想定以上に建築事業の工事採算の改善が進んでいることを織り込んで業績予想を上方修正しているもよう。足元で民間製造業の設備投資が高まりつつある中で、建築事業での優位性が評価される可能性は高いと考えているようだ。また、明日にJPX日経400のリバランスを控えていることも思惑材料に。

<9627> アインファーマ 5520 -300
売り優勢。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は27.1億円で前年同期比58.8%増益、通期計画の134億円、前期比17.0%増益などとの比較で、順調なスタートを切っている。大幅増益決算ではあるものの、同業他社の状況などから好業績は織り込み済み、コンセンサス水準の着地となったことで出尽くし感が先行しているようだ。

<1893> 五洋建設 561 +24
買い優勢。みずほ証券では投資判断「買い」継続で、目標株価を610円から650円に引き上げている。得意とする海洋土木工事の割合が上昇するとの見方から、来期以降の利益予想を上方修正しているようだ。海洋土木案件は、陸上土木と比べて施工可能業者が限られるため、利益率の高いケースが多いと指摘している。

<3649> ファインデックス 882 -25
軟調。前日に発表した業績予想の下方修正が嫌気されている。通期業績予想は従来の15.8億円から5.1億円に下方修正、新規事業分野における立ち上がりの遅れ、事業譲受における一時的な諸費用などが背景のようだ。第1四半期は大幅減益であったものの、上半期は直前の収益見通しを上回っていただけに、失望感が優勢となっている。

<5401> 新日鐵住金 239.7 -1
.6戻り鈍い。大和では投資判断を「1」から「3」に2段階格下げしている。目標株価は270円と設定のもよう。高炉セクターの中では相対的に優位なポジションだが、国内在庫調整の中で鋼材出荷量に成長シナリオを描き難いほか、下期以降にシームレスパイプ事業は更なる減速が予想されるとしているもよう。
《XH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均