3402 東レ 東証1 15:00
944.5円
前日比
+5.0 (+0.53%)
比較される銘柄: 帝人東洋紡ユニチカ
業績: 今期予想
繊維製品
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.9 1.67 1.48 9.61

銘柄ニュース

戻る
2016年02月25日11時47分

3Q決算総括と日本株シナリオの再検討、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。


SMBC日興証券では3Q決算の総括として、『3Q決算は低調な結果。内需業種と外需業種の業績格差が拡大』と述べています。

『3Q決算が低調だったことを踏まえると、今後コンセンサスの業績予想は下方修正される公算が大きい。』とのことです。

一方で、年間の株価パターンについては従来の見方を維持しています。
物色面についても同様で、『年前半は内需+コモディティ関連、年後半は外需加工組立との見方を維持』しています。

なお、レポートには「3月のターゲットリスト」として、積水ハウス<1928>、東レ<3402>、大塚商会<4768>、太平洋セメント<5233>、コマツ<6301>、三菱商事<8058>、東武鉄道<9001>、商船三井<9104>、NTTドコモ<9437>、コナミホールディングス<9766>を挙げています。ご興味のある方は詳細をレポートでご覧ください。


また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。


花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均