3254 プレサンス 東証1 15:00
1,508円
前日比
-23 (-1.50%)
比較される銘柄: タカラレーベいちごアーバネット
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.3 1.50 1.66 0.85

銘柄ニュース

戻る
2016年07月26日11時40分

プレサンス、国内大手証券は19年3月期まで営業利益年率10%成長の可能性が高いと指摘

 プレサンスコーポレーション<3254>が大幅続伸。今日の高値圏で前場の取引を終えている。

 国内大手証券では、近畿圏や中京圏は東京市場と異なり価格が安めであることもあり、高い利回りとなる投資用マンションを提供しやすいと指摘。低金利と相まって市場は相対的に良好なことから、同社の営業利益は17年3月期から19年3月期まで年率10%成長が続く可能性が高いと予想。

 レーティング「バイ」、目標株価4950円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均