3230 スター・マイカ 東証1 13:53
3,165円
前日比
+85 (+2.76%)
比較される銘柄: トーセイレーサムADワークス
業績: 今期予想
不動産業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.4 1.92 1.58 5.45

銘柄ニュース

戻る
2016年01月21日11時53分

スター・マイカ、有力処は空室発生ペース次第で業績は会社計画を上回る可能性があると解説

 スター・マイカ<3230>が反発。マイナススタートとなったものの、売り一巡後は買いが優勢。今日の高値で前場の取引を終えている。

 いちよし経済研究所では、インベストメント事業の開始などが奏功し、15年11月期は以前よりも成長ペースの加速につながったと指摘。積極的な仕入れにより、2015年11月末の販売用不動産残高は前期末比57億円増加したと評価して、空室の発生ペース次第で16年11月期業績が会社計画を上回る可能性があると解説。

 16年11月期の営業利益予想を27億円から28億円(会社計画は27億2700万円)に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均