貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
シュッピンの【株価予想】を見る

3179シュッピン

東証1
1,021円
前日比
+32
+3.24%
比較される銘柄
BEENOS, 
ベガコーポ, 
ジェネパ
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.7 5.11 1.76 4.19
時価総額 245億円

銘柄ニュース

戻る

シュッピン Research Memo(2):カメラや高級腕時計など「価値ある新品と中古品」に特化したEC事業を展開


■事業概要

シュッピン<3179>は、カメラや高級腕時計など「価値あるもの(新品と中古品)」に特化したEC(eコマース)企業である。EC市場の拡大等を追い風として、専門性の高い商材に特化したポジショニングやインターネットを活用した独自の事業モデルの確立により、高い成長を実現してきた。

現在のWeb会員数は約51.4万名(2021年3月末時点)。毎月5,000名台(2020年7月以降)の新規会員獲得により順調に積み上げてきた。一方、店舗数は1商材1店舗を基本方針とし、東京都内に4店舗を構えている。店舗も一定の業績貢献をしているが、情報発信基地としてEC事業を補完する機能を果たしている。また、「新品」と「中古品」の売上比率はおおむね1:1で安定しているが、それぞれに重要な役割を担っており、相互に作用しながら相乗効果を生み出してきた。

事業セグメントは、「カメラ事業」「時計事業」「筆記具事業」「自転車事業」の4つで構成されており、主力の「カメラ事業」が売上高の約70%、営業利益(調整前)の約86%を占める※。ただ、「時計事業」についても、足元ではコロナ禍の影響を受けているものの、戦略的商品在庫の積み上げやグローバル展開などにより伸ばす方向にある。

※カメラ事業は「MapCamera」、時計事業は「GMT」及び「BRILLER(ブリエ)」(2019年12月にオープンしたレディース腕時計専門サイト)、筆記具事業は「KINGDOM NOTE」、自転車事業は「CROWN GEARS」の屋号にて展開している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均