3140 イデアインタ JQG 15:00
788円
前日比
-2 (-0.25%)
比較される銘柄: カッシーナCBGM大木ヘルス
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.9 8.03

銘柄ニュース

戻る
2015年10月05日16時06分

イデアインター Research Memo(4):売上高は好調に推移、会社計画を上回る


■中期計画と進捗状況

(3)売上高・利益の拡大策の進捗と今後の計画

2015年6月期は売上高で会社の計画を上回って着地した。売上高が好調だった要因としては、春物新商品シリーズのピクニック用品が完売、「BRUNO(ブルーノ)」ブランドのホットプレート(下期に10万個増産)の順調な販売、トラベルグッズ「Milesto」や化粧品「Terracuore」が好調、ECの好調、などイデアインターナショナル<3140>の中心商品が全般に好調に売れていることがある。

もう一つの大きなイベントとして、2015年5月上旬(2015年6月期第4四半期)において試験的に広告宣伝を行ったことが挙げられる。これは、健康コーポレーションとのコラボの一環として電車内広告を実施したもので、化粧品「Terracuore」とトラベルグッズ「Milesto」について行い、店舗売上とECの両方において明確に広告効果が出たと同社では評価している。

2015年6月までの進捗を受けて、2016年6月期は様々な施策を打つ予定だ。注目ポイントは以下の3点になると弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均