3098 ココカラファイン 東証1 15:00
4,150円
前日比
+40 (+0.97%)
比較される銘柄: マツキヨHDクスリアオキイオン
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.0 1.27 1.69 5.09

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日12時16分

ココカラファインが大幅反落、第2四半期累計の営業利益は5.3倍も材料出尽くし

 ココカラファイン<3098>が大幅反落。前引けは安値引けとなる、前週末比290円(6%)安の4530円となった。30日引け後、16年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比8.9%増の1867億9800万円、営業利益は同5.3倍の53億6200万円で着地した。ただ、きょうは好決算を受けて材料出尽くしとなり、売りが優勢となっているようだ。
 改装を中心とした既存店の活性化策、夏物商材・新製品の導入施策、訪日外国人向けの販売促進策などが順調に進捗したほか、前年同期の売上高が消費税増税前特需の反動により下落していたこともあり、売上高を前年同期比で押し上げる要因となった。また、既存店売上高増収率は9.1%増と好調に推移した。売上高の増加とともに、コスト削減、効率化も順調に進み、利益の押上げ要因とななった。
 据え置かれた通期の連結営業利益は前期比2.0倍の88億円の見通しで、進捗率が60.9%に達している。
《MK》

株探ニュース


日経平均