3038 神戸物産 東証1 15:00
3,035円
前日比
-80 (-2.57%)
比較される銘柄: 丸紅住友商トーホー
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
37.8 5.18 1.32 682
決算発表予定日  2016/12/15

銘柄ニュース

戻る
2016年02月09日10時42分

神戸物産がストップ安ウリ、「インサイダー取引で強制調査」

 神戸物産 <3038> がストップ安ウリ。産経新聞が9日付で「業務用食品を扱う『業務スーパー』を全国にフランチャイズ展開する東証1部上場の『神戸物産』(兵庫県稲美町)株をめぐり、インサイダー取引が行われた疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反容疑で、同社や同社関係者宅を強制調査していたことが8日、証券市場関係者への取材で分かった」と報じたことが売り材料。

 報道によると「不正の疑いがある取引による利益の総額は約50億円に上るといい、立件されればインサイダー取引事件では過去最高額となる」という。報道を受けて、同社は証取委の調査受けていることは事実であると発表。インサイダー取引疑惑による会社イメージの悪化を懸念する売りが向かった。株価は500円ストップ安の2258円売り気配。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均