2915 ケンコーマヨネーズ 東証1 15:00
3,085円
前日比
+55 (+1.82%)
比較される銘柄: キユーピーわらべ日洋Rフィールド
業績: 今期予想
食料品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.4 2.11 0.97 0.76

銘柄ニュース

戻る
2015年12月24日18時02分

ケンコーマヨ Research Memo(2):静岡富士山新工場が稼働を開始し能力増強が進む


■会社概要

(1)事業内容

ケンコーマヨネーズ<2915>は主に業務用のサラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品などを製造販売する食品メーカーで、子会社では日配品の総菜類の製造販売および店舗事業などを行っている。

2016年3月期第2四半期累計の商材別売上高構成比(連結)を見ると、サラダ・総菜類が全体の44.8%と最も高く、タマゴ加工品が27.4%、マヨネーズ・ドレッシング類が25.9%と続いている。ここ数年の傾向を見ると、売上高はともに増加しているものの構成比では、 タマゴ加工品が上昇傾向となっており、当第2四半期累計では初めてタマゴ加工品とマヨネーズ・ドレッシング類の比率が逆転した。この理由には、CVS向けを中心とした中食市場の拡大により、弁当やパン、サンドイッチ向けにタマゴ加工品の需要が拡大していることが挙げられる。また生産面では、2015年3月期より静岡富士山工場が稼働を開始し、能力増強が進んだことも大きい。

分野(顧客業界)別売上高構成比(連結)で見ると、外食向けが26.1%、CVS向けが25.9%、量販店向けが19.5%と3分野で全体の7割を超えている。ここ数年の傾向を見ると、構成比はCVS向けや量販店向けが上昇傾向となっている。消費者の生活スタイルの変化、女性の社会進出などを背景に、中食市場が拡大してきたことが背景にあると考えられる。

同社の業界における市場シェアを見ると、マヨネーズ・ドレッシング類ではここ数年15%前後で安定して推移し、業界2位の位置をキープしている。業務用にほぼ特化しているため一般消費者にはなじみが薄いものの、業務用分野ではトップメーカーのキユーピーと2社で競い合っており、多くの大手外食企業やホテルチェーンに納入実績がある。

一方、ロングライフサラダにおいては、業界のパイオニアでもある同社が37%を超えるシェアを持ち、業界トップの地位を確立している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均