2489 アドウェイズ 東証M 15:00
518円
前日比
+11 (+2.17%)
比較される銘柄: サイバーインタスペスUNITED
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
200 1.82 475

銘柄ニュース

戻る
2016年06月28日13時16分

アドウェイズが高い、LINEの仮条件決定を前に関連株を物色する動き

 アドウェイズ<2489>が高い。LINE<3938>の公開価格の仮条件を決める28日を前に、再び関連銘柄を物色する動きが出ているもよう。また、同社がきょう、子会社のおくりバントが映像制作業務に特化した事業部「おくりバントフィルムズ」を設立し、映像制作業務を本格稼働したと発表したことも買い手掛かりとなっているようだ。

 「おくりバントフィルムズ」は、主に実写を用いた映像作品を強みとし、出演者のキャスティングから使用楽曲の作曲、レコーディングまで映像に関わるすべての部分を企画・制作する。また、今回の事業稼働に伴い、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>の新作スマホアプリ「ランガンキャノンボール」の実写プロモーションビデオの企画・制作を担当したことも明らかにしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均