2351 ASJ 東証M 15:00
379円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: フライトさくらネットリアルワルド
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
57.4 1.27 0.53

銘柄ニュース

戻る
2016年08月30日11時43分

注目銘柄ダイジェスト(前場):SOSEI、日立、ダブルスコープなど


ユーグレナ<2931>:1452円(前日比+40円)
大幅続伸。来9月期経常利益は今期予想比2割増の12億円程度になり、3期連続で過去最高になりそうだとの観測報道が伝わっている。利益率の高い自社製品の通信販売拡大が続く見通しとしている。今9月期は前期比38%増の10億円を見込むとされている。コンセンサスはサンプル数が少ないこともあり、順調な収益拡大をストレートに評価する動きが優勢に。

ダブルスコープ<6619>:1524円(前日比+142円)
上昇率トップ。26日付の野村のレポートが好材料視されているもよう。中国EV向けで依然として顧客の要望に応えられない程度の引合いは得ている、現時点で強い価格引下げプレッシャーなども感じないなどの会社側コメントが紹介されている。ここまで競争激化懸念で株価の調整が強まっていただけに、安心感へとつながっているもようだ。

日立製<6501>:487.9円(前日比+6円)
堅調。17.3期に固定費や材料費といったコストを前期比で約2000億円減らすとの報道が伝わっている。想定以上の円高が定着など逆風の中で、期初計画である営業利益5400億円の達成を目指すとしている。2000億円のコスト削減には、一定の円高定着リスクも踏まえているようだ。コンセンサスは会社計画を上回っており、大きなインパクトはないが、コスト削減への姿勢が評価される形にも。

丸山製<6316>:171円(前日比+13円)
急伸。クボタが農業用ドローンに参入と発表している。来夏から販売開始の予定で、3年後には20億円程度の年間売り上げを目指すとしている。同社はドローンメーカーのプロドローンとともに共同開発先の一社とされており、関心が向かう展開になっているようだ。同社は散布機の設計・試作を担当するもよう。

ASJ<2351>:502円(前日比+80円)
ストップ高。ジャックスグループのジャックス・ペイメント・ソリューションズとフィンテックに関するビジネス領域の拡大を目的として、後払い決済サービスに関する契約を締結し、10月3日(予定)より「アトディーネ」の提供を開始すると発表している。アトディーネは、クレジットカードを利用したくない、商品を確認してから支払いたいといった購入者が、商品受取後にコンビニエンスストアや銀行で代金を支払える決済サービスという。

モジュレ<3043>:371円(前日比-79円)
一時ストップ安。東証より監理銘柄(確認中)に指定されている。同社は16年5月期有価証券報告書について、期限内である8月31日までに提出できない見込みになったと発表している。7月に過年度の業績の一部に疑義があることが判明し、16年5月期決算発表を延期していた。その後会計監査人が辞任したが、現在のところ一時会計監査人が選定できておらず、有価証券報告書に係る会計監査人の監査を受けられない状況にあるという。

SOSEI<4565>:17160円(前日比+470円)
続伸。子会社のそーせいが口腔咽頭カンジダ症治療薬SO-1105の日本国内における第III相臨床試験を終了し、所定の目的を達成したと発表している。主要評価項目とした治験薬投与終了後における治癒率は対照薬(ミコナゾール含有製剤)と同程度の結果が得られた。本剤はOnxeo S.A.が開発し、米国ではOravig、欧州ではLoramycの名前で販売されている。同社グループは日本における独占開発販売権を11年5月にOnxeo社より取得した。

オンコリスバイ<4588>:1219円(前日比+166円)
急伸。現在HIV感染症治療薬として研究開発を進めているOBP-601(Censavudine)について、製造方法に関する欧州特許出願の特許査定を受けたと発表している。OBP-601はHIVの複製に必須である逆転写酵素を阻害するHIV感染症治療薬。同社は06年6月に同剤の物質特許(出願/登録)を保有する米Yale大学と全世界における独占的ライセンス契約を締結し、OBP-601をパイプラインとして導入した。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均