2181 テンプホールディングス 東証1 15:00
1,724円
前日比
-36 (-2.05%)
比較される銘柄: パソナGキャリアデザフルキャスト
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.2 3.02 0.93 3.03

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日16時02分

キャリアリンク Research Memo(2):BPO関連事業とCRM関連事業で売上全体の80%以上を占める


■事業概要

キャリアリンク<6070>は1996年に創業した人材派遣会社で、現在は「BPO関連事業」「CRM関連事業」「製造技術系事業」「一般事務事業」と4つの事業を展開している。

各事業別の売上構成比(2016年2月期第2四半期累計)を見ると、BPO関連事業が63.2%、CRM関連事業が20.1%と両事業で全体の80%以上を占めている。各事業内容については以下のとおり。

○BPO関連事業
BPO(Business Process Outsourcing)とは、企業や官公庁などが業務の効率化、コスト削減、業務処理の品質向上などを目的として、特定の業務プロセスを外部の専門業者に委託することで、受託する事業者をBPO事業者という。同社は、BPO事業者が請け負ったBPO業務への人材派遣、業務効率化等の企画提案を踏まえたインセンティブ契約に基づく人材派遣、官公庁や企業等の業務プロセスの業務請負などを行っている。

同社の強みは、1,000人を超える大量動員を要する大型プロジェクトでも、1ヶ月程度の短期間で立ち上げることができる運用ノウハウを持っていることである。派遣スタッフの採用に関しては、独自の人材マッチングシステム(Webシステムを活用した適正テストの実施やシフト希望確認など)によって、短期間で最適な人材を集めることを可能とし、また、派遣スタッフの労務管理も含めた現場での運用能力、さらには社員を現場に常駐させる(現状は社員の約7割が常駐)ことによって、業務効率向上につながる改善施策を迅速に提案、実行できることも強みとなっている。

なお、BPO業務では経験豊富なスーパーバイザー(SV)をリーダーとして、10人程度のチーム編成で業務を行っている。SVを配置することによって、派遣先の業務研修の負担軽減や早期の業務立ち上げ、生産性向上を可能としている。特に大量の人員が必要とされる大型プロジェクトでは、最適な運用システムと言える。

○CRM関連事業
CRM(Customer Relationship Management)とは、企業が顧客満足度の向上を目的に、顧客との良好な関係を構築していくための経営手法を指す。同社においては、テレマーケティング事業者が請け負ったテレマーケティング業務への人材派遣・紹介、企業等のコンタクトセンターへの人材派遣・紹介、テレマーケティング業務の請負などを行っている。

テレマーケティング事業者への人材派遣では、BPO関連事業と同様にチーム制での人材派遣を行っている。また、テレマーケティング業務の請負では、顧客から委託されたテレマーケティング業務を自社内に設置しているコンタクトセンターで請け負っている。

○製造技術系事業
企業の製造・物流拠点等において、組み立て作業や製造・物流に関するすべての業務についての人材派遣、請負業務を行っている。

○一般事務事業
一般事務職をターゲットとした人材派遣、紹介予定派遣、人材紹介並びに一般事務の請負を行っている。

なお、製造技術系事業、一般事務事業における人材派遣業務に関しては、テンプホールディングス<2181>やパソナグループ<2168>など大手人材派遣会社の寡占化が進んでいるが、同社ではBPO案件の受注獲得につなげていくためのフック役として、これら事業を位置付けている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均