2002 日清製粉グループ本社 東証1 15:00
1,632円
前日比
+3 (+0.18%)
比較される銘柄: 日本粉味の素アサヒ
業績: 今期予想
食料品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.7 1.31 1.59 1.31

銘柄ニュース

戻る
2015年09月15日13時24分

日清製粉が大幅続伸、国内大手証券の決算プレビューが好感される

 日清製粉グループ本社<2002>が大幅続伸。買い優勢で始まり、高いところでは前日比110円高の1665円まで急伸。後場もプラス圏で堅調に推移している。
 SMBC日興証券では、16年3月期上期の営業利益は会社計画の78億円を上回る101億円と予想。第2四半期のみの営業増益率は11%にとどまるとみているものの、「第1四半期は6月からの小麦粉値上げの駆け込み需要があったことから、第2四半期はその反動減が起きている」と想定。「株式市場では第2四半期を営業減益と見る向きもある」とみて、営業増益はポジティブになると解説。
 レーティング「1」と目標株価2200円を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均