1967 ヤマト 東証1 15:00
553円
前日比
+6 (+1.10%)
比較される銘柄: 川崎設備ダイダンE&C
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.5 0.67 1.81 10.05

銘柄ニュース

戻る
2015年10月23日16時42分

ヤマトの中間期は増収増益、営業利益は67.5%増の7億9500万円で着地

 空調・衛生などの管工事が主力の、ヤマト<1967>は23日引け後、16年3月期第2四半期累計(3月21日~9月20日)の連結決算を発表した。売上高は前年同期比3.8%増の183億1900万円、営業利益は同67.5%増の7億9500万円で着地した。20日引け後発表の業績修正とほぼ同水準。
 グループの独自の技術・商品を活用した積極的な営業活動、経営の効率化を推進した結果、受注工事高が
前年同期比3.7%増の250億6200万円、完成工事高が同3.8%増の183億1900万円となった。
 なお、同社グループの完成工事高は、通常の営業形態として、上半期に比べ下半期、特に第4四半期連結会計期間に偏る傾向があるとしており、通期の連結営業利益予想17億5000万円(前期比8.7%増)に対する進捗率は45.4%となっている。
《MK》

株探ニュース


最終更新日:2015年10月23日 16時42分

【関連記事・情報】

日経平均