1954 日本工営 東証1 15:00
514円
前日比
-2 (-0.39%)
比較される銘柄: 応用地質建設技研日本アジアG
業績: 今期予想
サービス業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.0 0.84 2.92 0.98

銘柄ニュース

戻る
2016年08月24日11時02分

日工営が4日続伸、BDP社の子会社効果などで18年6月期営業益目標を上方修正

 日本工営<1954>が4日続伸となっている。同社は23日取引終了後に、中期経営計画を上方修正すると発表。18年6月期の連結売上高目標を従来の1000億円から1150億円(16年6月期実績は818億6500万円)に、連結営業利益目標を64億円から74億円(同47億2300万円)に引き上げた。

 今年4月に英国の建築設計会社であるBDP社を完全子会社化した効果のほか、電力会社の更新需要が想定を上回って推移していることが修正の主な要因。また、新本社建設のスケジュールが遅れ、完成予定時期が18年秋から20年春にずれ込むことに伴い費用計上の時期を見直したことも利益の押し上げ要因となる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均