1925 大和ハウス工業 東証1 15:00
3,250.0円
前日比
-22.0 (-0.67%)
比較される銘柄: 積水ハウス住友林パナホーム
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.8 1.78 2.62 0.88

銘柄ニュース

戻る
2015年12月18日11時57分

大和ハウス、欧州大手証券は長期的利益成長期待が株価の上昇要因になると解説

 大和ハウス工業<1925>が小幅反落。クレディ・スイス証券では、今後、1年程度は鉄鋼価格の下落による粗利率改善や受注増加による増収効果を享受して利益成長を実現すると指摘。同社は将来を見据えた投資を行っていることから、3~5年の長期的利益成長への期待が株価の上昇要因になるとの見方で、16年3月期営業利益予想を2186億円から2414億円(会社計画は2400億円、市場コンセンサスは2259億円)に引き上げ。

 レーティング「アウトパフォーム」を継続、目標株価を3400円から3900円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



日経平均