1803 清水建設 東証1 15:00
1,052円
前日比
-1 (-0.09%)
比較される銘柄: 鹿島大成建大林組
業績: 今期予想
建設業
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.8 1.72 1.81 1.36

銘柄ニュース

戻る
2016年03月18日14時01分

国内大手証券、ゼネコンの減益ガイダンスは織り込み済み、清水建設、鹿島、長谷工は過去最低のPER水準

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の建設セクターのリポートでは、ゼネコン各社の16年3月期営業利益は会社計画を上回り、17年3月期は減益ガイダンスになる公算が大きいと指摘。それでも、ゼネコンは期初ガイダンスを保守的に公表するケースが多いことから、減益ガイダンスを過度にネガティブに捉える必要はないと考え、17年3月期減益ガイダンスは、ある程度株価に織り込まれたと解説。

 大手ゼネコンのバリュエーションは歴史的低位と位置付け、特に清水建設<1803>、鹿島建設<1812>、長谷工コーポレーション<1808>に関しては「過去最低のPER水準」と評価している。
《MK》

株探ニュース

日経平均