1433 ベステラ 東証M 15:00
4,220円
前日比
-95 (-2.20%)
比較される銘柄: 中外炉暁飯島工業協エクシオ
業績: 今期予想
建設業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
37.3 5.74 0.95
決算New!  2016/12/09 発表

銘柄ニュース

戻る
2016年06月10日07時52分

ベステラ--- 発想の転換「つくった人には壊せない」で、オンリーワンの企業に


ベステラ<1433>は、鋼構造物の「プラント解体工事」に特化した企業。約40年間、製鉄、電力、ガス、石油など、非常に高い安全性とリスク管理能力が求められるプラント解体を手がけてきた。人材サービスも行っている。2015年9月に東証マザーズへ上場。

建設業界の環境は、若干の不安材料はあるものの、企業収益改善による設備投資の増加や、東京オリンピックに向けた関連事業の増加などにより、回復基調となっている。それに伴って、産業競争力強化、エネルギー供給構造高度化等の各種政策も後押しとなり、プラント解体分野でも案件の増加が見られ、追い風が吹いている状況と言える。

足元の業績は16年1月期で、業界環境の追い風にのり、新規開拓を含め営業に注力した結果、売上高が前期比25.7%増の38.46億円となった。同時に案件毎の採算性の確保、経費の徹底的な抑制を行った結果、営業利益は同比16.2%増の4.47億円、経常利益は同比19.4%増の4.64億円となった。3期連続増収増益、2期連続で過去最高の業績を達成するなど非常に好調な業績となっている。

17年1月期の業績予想は、売上高が前期比22.2%増の47.00億円。事業拡大に伴う人員増加、3D計測事業における研究開発などの大幅な費用増が予想されているものの、営業利益は同比8.4%増の4.85億円、経常利益は同比5.1%増の4.88億円を見込んでいる。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均