1377 サカタのタネ 東証1 15:00
2,988円
前日比
+17 (+0.57%)
比較される銘柄: カネコ種マルハニチロ日水
業績: 今期予想
水産・農林業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
30.6 1.52 0.77 0.61
決算発表予定日  2017/01/12

銘柄ニュース

戻る
2016年07月12日10時40分

カネコ種苗が大幅続伸、17年5月期営業減益予想も上振れ期待

 カネコ種苗<1376>が大幅続伸。11日取引終了後、17年5月期の連結業績予想を発表し、売上高は581億円(前期比横ばい)、営業利益は20億5000万円(同4.4%減)と、営業減益を見込んでいる。ただ、同業のサカタのタネ<1377>が今期見通しは保守的との見方から買われており、同社にも業績上振れを期待した買いが入っている。

 前期まで業績のかさ上げ要因となった雪害復旧需要が、前期の第2四半期に収束したことで施設材事業の売り上げ減を見込むものの、キャベツ・カボチャの輸出増や枝豆・カボチャ・ニンジン・レタスの販売増などによる種苗事業の好調や、農林事業の増収でカバーする。ただ、施設材事業の採算性の低下などで減益を見込んでいる。

 なお、16年5月期連結決算は売上高580億9900万円(前の期比1.2%減)、営業利益21億4400万円(同0.1%増)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均